静岡県立大学 食品栄養科学部 栄養化学研究室

LABORATORY OF NUTRITIONAL BIOCHEMISTRY,
SCHOOL OF FOOD AND NUTRITIONAL SCIENCES,
UNIVERSITY OF SHIZUOKA

研究業績

トップページ > 研究業績 > 2022年

2022年

2022年 原著論文、総説など

Petrus, P., Cervantes, M., Samad, M., Sato, T., Chao, A., Sato, S., Koronowski, KB., Park, G., Alam, Y., Mejhert, N., Seldin, MM., Monroy Kuhn, JM., Dyar, KA., Lutter, D., Baldi, P., Kaiser, P., Jang, C., Sassone-Corsi, P. Tryptophan Metabolism is a Physiological Integrator Regulating Circadian Rhythms, Mol Metab, in press (2022)

Petrus, P., Smith, JG., Koronowski, KB., Chen, S., Sato, T., Greco, CM., Mortimer, T., Welz, P.-S., Zinna, VM., Shimaji, K., Cervantes, M., Punzo, D., Baldi, P., Muñoz-Cánoves, P., Sassone-Corsi, P., Benitah, SA. The central clock suffices to drive the majority of circulatory metabolic rhythms. Sci Adv, 8(26):eabo2896 (2022)

Tartour, K., Andriani, F., Folco, EG., Letkova, D., Schneider, R., Saidi, I., Sato, T., Welz, P.-S., Benitah, SA, Allier, C., Padmanabhan, K.: Mammalian PERIOD2 regulates H2A.Z incorporation in chromatin to orchestrate circadian negative feedback. Nat Struct Mol Biol, 29(6):549-562 (2022)

Smith, JG., Sato, T., Shimaji, K., Koronowski, KB., Petrus, P., Cervantes, M., Kinouchi, K., Lutter, D., Dyar, KA., Sassone-Corsi, P.: Antibiotic-induced microbiome depletion remodels daily metabolic cycles in the brain. Life Sci, 303:120601 (2022)

Sato, T., and Sassone-Corsi, P.: Nutrition, metabolism, and epigenetics: pathways of circadian reprogramming. EMBO Rep, e52412 (2022).

Fujimaki, J., Sayama, N., Shiotani, S., Suzuki, T., Nonaka, M., Uezono, Y., Oyabu, M., Kamei, Y., Nukaya, H., Wakabayashi, K., Morita, A., Sato, T., and Miura, S.: The steroidal alkaloid tomatidine and tomatidine-rich tomato leaf extract suppress the human gastric cancer-derived 85As2 cells in vitro and in vivo via modulation of interferon-stimulated genes. Nutrients, 14, 1023 (2022).

Fukui, K., Nomura, M., Kishimoto, K., Tanuma, N., Kurosawa, K., Kanazawa, K., Kato, Hi., Sato, T., Miura, S., Miura, K., Sato, I., Tsuji, H., Yamashita, Y., Tamai, K., Watanabe, T., Yasuda, J., Tanaka, T., Satoh, K., Furukawa, T., Jingu, K., and Shima, H.: PP6 deficiency in mice with KRAS mutation and Trp53 loss promotes early death by PDAC with cachexia-like features. Cancer Sci, 113(5), 1613-1624 (2022).

Takeda, R., Nonaka, Y., Kakinoki, K., Miura, S., Kano, Y., and Hoshino, D.: Effect of endurance training and PGC1α overexpression on calculated lactate production volume during exercise based on blood lactate concentration. Sci Rep, 12, 1635 (2022).

Oyabu, M., Takigawa, K., Mizutani, S., Hatazawa, Y., Fujita, M., Ohira, Y., Sugimoto, T., Suzuki, O., Tsuchiya, K., Suganami, T., Ogawa, Y., Ishihara, K., Miura, S., and Kamei, Y.: FOXO1 cooperates with C/EBPδ and ATF4 to regulate skeletal muscle atrophy transcriptional program during fasting. FASEB J, 36, e22152 (2022).

三浦進司:「運動トレーニングとリン脂質のリモデリング〜リン脂質クオリティと骨格筋の関係」、実験医学増刊「栄養・代謝物シグナルと食品機能」、40(7), 1131-1137 (2022).

三浦進司:「骨格筋の脂質代謝〜エネルギー源、そして骨格筋を構成する脂質の機能」、実験医学増刊「健康寿命の鍵を握る骨格筋」、40(2), 160-166 (2022).

学会発表など

三浦 進司梅林 脩平佐藤 友紀妹尾 奈波赤堀 拓、三好 規之、杉浦 悠毅、井上 菜穂子、川名 裕己、進藤 英雄、亀井 康富、清水 孝雄、青木 淳賢:「骨格筋に含まれるリン脂質のアシル基プロファイル制御機序の解明と生理学的意義」、第8回 日本筋学会学術集会、2022年8月6日(東京)

佐藤友紀曾我茜市田日和榛葉有希、三好規之、三浦進司:「アシル基転移酵素LPGAT1の過剰発現が骨格筋機能と性状に及ぼす影響」、第8回 日本筋学会学術集会、2022年8月6日(東京)

佐藤友紀桑原菜緒馬込千帆三浦菜穂妹尾奈波、田村優樹、亀井康富、 進藤英雄、清水孝雄、三浦進司:「リノール酸摂取および持久運動トレーニングが骨格筋カルジオリピンとミトコンドリア機能向上に及ぼす影響の解析」、第64回 日本脂質生化学会、2022年6月24日(東京)

三浦進司佐藤友紀:「リン脂質クオリティと骨格筋機能」、第76回 日本栄養・食糧学会大会、2022年6月11日(神戸)

加藤愛海藤巻絢哉、塩谷茂信、野中美希、上園保仁、亀井康富、大薮葵、糠谷東雄、若林敬二、守田昭仁佐藤友紀三浦進司:「トマチジン高含有トマト葉抽出物は胃がん細胞誘発担がんマウスの腫瘍形成を抑制する」、第76回 日本栄養・食糧学会大会、2022年6月12日(神戸)

曾我茜三浦菜穂赤堀拓梅林脩平妹尾奈波、三好規之、守田昭仁、亀井康富、川名祐己、青木淳賢、佐藤友紀三浦進司:「アシル基転移酵素LPGAT1による骨格筋でのリン脂質リモデリングが持久運動能力に及ぼす影響」、第76回 日本栄養・食糧学会大会、2022年6月12日(神戸)

佐藤友紀桑原菜緒馬込千帆三浦菜穂妹尾奈波、田村優樹、亀井康富、 進藤英雄、清水孝雄、三浦進司、「リノール酸摂取が運動トレーニングによるミトコンドリア機能向上を増強する」、第76回 日本栄養・食糧学会大会、2022年6月12日(神戸)

曾我茜市田日和榛葉有希、三好規之、佐藤友紀三浦進司:「アシル基転移酵素LPGAT1の過剰発現が骨格筋機能と性状に及ぼす影響」、第86回 日本生化学会大会 中部支部例会、2022年5月21日(Web開催)

佐藤友紀桑原菜緒馬込千帆妹尾奈波、田村優樹、亀井康富、 進藤英雄、清水孝雄、三浦進司:「摂取する脂肪酸種の違いが運動トレーニングに伴うカルジオリピン生合成に及ぼす影響」、第86回 日本生化学会大会 中部支部例会、2022年5月21日(Web開催)

Page Top